前へ
次へ

身近な存在になった鍼灸治療

鍼灸治療院は接骨院や整骨院、整体院などを含めたマッサージ事業者と呼ばれており、2016年に厚生労働省が行った統計によれば全国に13万6460もの数が存在していることが分かりました。これは日本フランチャイズチェーン協会が調べたコンビニエンスストアの数の2倍に相当し、2018年11月時点で全国に5万5695店ある店舗数を大きく凌いでいる形となっています。鍼灸治療院は整形外科に比べると施術を行っている時間が長いところが多く、仕事が終わってからでも利用しやすい点が特徴です。また医療機関の多くが休診日としている土日・祝日に開院しているところもあり、平日に行くことができないサラリーマンの需要も増えています。コンビニエンスストアよりも数が多いというだけあって、自宅から近いところに鍼灸治療院があるという人も多く、大変身近な存在となりました。国民病とも称されるほど肩こりや腰痛に悩んでいる人は多く、その数は年々増える一方です。鍼灸院はそんな悩みを抱える人たちにとって、まさに救世主と言っても良いでしょう。

Page Top