前へ
次へ

東洋医学における鍼灸治療の仕組みの基本

人間の身体にはたくさんのツボがあり、361箇所もあるツボにはそれぞれ意味があって、鍼灸治療でも的確な位置への施術を行います。経穴という呼び方をするのは専門用語ではありますが、東洋医学ではそう呼んでいて、症状を緩和させるために適切な部位への刺激を行う方法です。いつの間にか機能が弱ってしまい不調を訴えることはありますが、鍼灸治療での経穴への刺激は、機能を良い状態へ回復をさせる引き金になります。どれくらいツボは大きさがあるかですが、目安としては大体500円玉コインくらいです。的確な範囲を程よく刺激することにより、期待の効果を得ることにはなりますが、最も有効となるポイントに関しては個人差もあります。ツボをめがけて灸や鍼を使い刺激をすることで、筋肉や皮膚など組織にほんの些細な傷をつけますが微小です。ささやかな微小は皮膚細胞が回復させようと活性化をするので、免疫力と自然治癒力を高めることになります。これが東洋医学に基づいて行われる、基本となる鍼灸治療の仕組みです。

Page Top