前へ
次へ

鍼灸治療の鍼灸の灸で内側から体をポカポカに

的確な個所に鍼を刺す鍼灸治療では、ツボを適度に刺激するために灸も使います。経験のない人からしたら火を使いますので、なんだか熱そうでちょっぴり怖い印象があるかもしれません。艾をツボのある皮膚の上において、そこに火をつけますので、熱そうとか不安の気持ちを持つのは、初心者では仕方のないことです。しかし現代ではセルフ灸も世の中では流行をしていて、自分でもできるくらい手軽な方法でもあります。専門施設での鍼灸治療の場合は、プロの鍼灸師が鍼灸の灸を行いますので初心者でも心配はいりません。皮膚から伝わる熱さに関しては、艾の硬さや大きさにより異なりますし、ヨモギ葉の繊毛が艾の原材料として採用をされています。自分で挑戦をしてハマる人も増えている鍼灸の灸ですが、体の内側から自然にポカポカと温める効果があるためです。冷え性で悩む人が多い現代ですが、冷えは万病のもとと言われています。お薬に頼ることなく内側から、体を温めていくならば鍼灸の灸はピッタリと言えます。

Page Top